正しく古いものは永遠に新しい。

もし『永遠』があるのならば。だ、なんて、恋する中世ヨーロッパの少女のような言葉を吐くようになったのは、この言葉に出会ったから。ぼくらは、否応無しに刻まれる3.11という「メトロノーム」のリズムの中に(リズムに合わせて)静かにメロディを奏で続ける「永遠」があるのではないかと、いつしか思うようになる。

いや、この際「永遠」はなくていい。ただ、間違いなく言えるのは、
この日本には、正しく古いものがたくさん存在していて(みんなにも心当たりがあるはず)、それはまるで建築家・アントニ・ガウディによるサグラダ・ファミリア(未完成)よろしく、楽器として、いつか、
鳴らされる日を待っている、ということだけ。

ならばそれを探そう。

Discover Forever.

これは、その「正しく古いもの」の記録である。

2014年 2月 東京


※ このサイトに関する問い合わせはコチラ
Authentically Old is New Forever

If there is such a thing as “forever.” The reason why we started uttering expressions like this, as if we were medieval European girls in love, is because of the above words. Before we know it, we find ourselves thinking there might be an “eternity” that quietly plays a melody amid (and to) the rhythm of a metronome called 3.11 that is ticking whether we like it or not.

Never mind “forever.” The only thing that can be said without doubt is that there are many things that are authentically old in Japan (all of us must have something spring to mind), and that they are waiting for the day when they will be played as an instrument like the Sagrada Familia (unfinished) by the architect Antoni Gaudi.

If so, let’s go and discover them.

Discover Forever.

This is a story of the “authentically old.”

Tokyo, February 2014


* inquiry about this site